5団体連携コラボプロジェクト

お知らせ,レスキュー

5団体(、ワンズパートナーの会、OMPR、ケルビム、OSPR、おきにゃあわんネットワーク)の連携コラボプロジェクトとして、とある多頭飼育現場の改善を行っています。
初訪問時には57頭の存在が確認されていましたが、各団体で手分けして引き出しを行い
10/20時点で21頭にワクチンを接種し、同日3頭が引き出され18頭が現場に残っている現状です。
現在早く残っている犬達の不妊を行うべく段取りをつけているところです。

所有者に関して
当初訪問時に敷地内にも入れずに、門越しでの会話から引き取りを行っていましたが、
話していくうちに信頼関係が出来てきて
公にしないことを条件に敷地内にも入ることが出来るようになりました。
本来なら糾弾し自身でやらせることがセオリーですが、
その場合は、中断する可能性も大きく
そうなれば、再び多頭飼育にリバウンドすることが今までの事例から少なくありません。
最後までやりきることが必要な案件だと判断しこのような方法を取ることになりました。
そのため、皆様のご支援が必要となっています。

怖がりで外部とのコミュニケーション不足の犬もいますので、社会化や人馴れが必要な犬が多いです。
怖がりの犬に対応できる一時預かりボランティア出来る方も募集しています。
(いろいろと条件等がございますが、ご理解いただける方よろしくお願いします。)